ノーパンで風俗に臨む

退屈な時の強い味方が風俗

休みの日に風俗で遊ぶことが多いですね。何をするでもなく、とにかく他に予定もなければ時間が余っている。ある意味贅沢なことかもしれないんですけど、そんな休日ばかりだとさすがに自分が虚しくなってくるじゃないですか。そんな時に頼りになる存在。それが風俗なんですよ(笑)遊ぶ友達もいないし、特に用事もなければ、何かやりたいことがある訳でもないし、やらなければならないこともない。かといって休日が終われば仕事の日々。だから何かしておきたいなって思っても、何も思い浮かばない。そんな時に頼りになるのが風俗なんですよ(笑)予約していないとしても別に困らないじゃないですか。それはやっぱりありがたいんですよ。だから風俗で遊ぶ時には自分なりにいろんな気持ちがあるんです。もちろんポジティブなものであることは言うまでもありませんけど、それ以上に感謝ですよね。どんな時だって楽しめるんです。まさに「強い味方」と言っても決して大袈裟じゃないですよ。名古屋風俗のポータルサイト

裸よりも服の方が…

コスプレだったというのもありますけど、前回の風俗では全裸ではなく、衣装を着たままの女の子とのプレイでした。制服プレイだったのもありますけど、全裸よりも断然興奮しました。風俗では普通は全裸同士でのプレイじゃないですか。それに慣れてしまっていたので、相手が服を着ているというシチュエーションに物凄く興奮したんです。ましてや制服じゃないですか。制服から胸がはだけているだけで興奮しましたよ(笑)見えている部分は裸と比べたら明らかに少ないんです。それでも興奮するってことは、風俗に限らずおとこの興奮ポイントは決して全裸に反応するだけではないんじゃないかなと(笑)むしろどのような形で反応するのか分からないだけに、いろいろと試してみるのも悪くはないんじゃないのかなと(笑)それによって、じゃあどういったタイプが良いのかとか、自分に合うシチュエーションを見つけられるかもしれません。だから風俗って相当奥が深いなって。