ノーパンで風俗に臨む

フラストレーション無縁の生活の理由

フラストレーションとは無縁の生活を送れているのは、自分が何かに気を付けているとか気を配っているとかではなく、風俗でフラストレーションが溜まる前に発散しているからなんじゃないかなと思いますね(笑)だからフラストレーションとは無縁というか、自覚するようなフラストレーションが蓄積されるまでに風俗で女の子に抜いてもらうんですよ(笑)月に一度から二度くらいで足を運んだりデリヘルを呼ぶなりしていますけど、女の子と楽しむのは男の本能だと思いますので、毎回のように楽しい時間を過ごせていますし、女の子によってどんな楽しさなのかは変化しますので、そこもまた、ある意味では楽しみな部分ですよね。ホームページを見ているとイマジネーションが膨らむのはそのためだと思うんですよ(笑)どんな女の子なんだろうとか、この子と楽しんだらどんな展開になるんだろうとかいろいろと考えるだけでそれはそれで楽しいんじゃないのかなって思いますし。

タイミングとしては休日よりも仕事終わり

風俗で遊ぶタイミングとしては、休日に遊ぶよりも仕事終わりの方が多いです。仕事終わりの方が気分が高揚しているのもありますし、休日はあまり外に出たくないタイプなんですよ(苦笑)休日は何をするとかではなく、とりあえず布団に入っていたいなって思うタイプなので、それこそ一日布団の中にいることだってあるんです。だから休日には風俗だけじゃなく、とにかく何もしません(笑)何かするのであれば会社帰りに済ませておきたいってタイプなので、風俗も仕事が終わってから足を運ぶケースの方が圧倒的に多いですね。その方が自分も楽というのがあります。実際の所、仕事帰りの方が気分も高まっているし、移動が苦ではないんですよ。そもそも会社から移動しなければ帰宅出来ないんですしね(笑)次の日のことを考えると休前日がベストタイミングでしょうかね(笑)何となくですけど、それが自分の中でいつの間にやら風俗で遊ぶ時の不文律になっているような気がします(笑)