ノーパンで風俗に臨む

だからこそ、風俗しかないなと

モテる訳でもなければ、何かしら自分が女の子に対してアピール出来るものがある訳でもないんです。だから女の子と遊びたいなって思っても、果たして何が出来るのかってことになるじゃないですか。それって正直、難しいものですよね。ましてや恋愛だって競争原理が働いているんです。自分より魅力的な男はたくさんいるよな…なんて気持ちは当たり前のように持っていますけど、そんな自分であっても思う存分楽しめるのが風俗の世界なんです。そこに大きな魅力が隠されているんじゃないのかなって思いますよね。自分自身、風俗で楽しむ時にいつも思いますよ。風俗だけは自分に対してNOを突き付けてこないよなって(苦笑)それ以外ではいつも自分に対してNOを突き付けるというか、こちらがどれだけ遊びたいって思っても適当にあしらわれる機会も珍しくありません。でも風俗だけは自分のことをいつでも受け入れてくれるので、やっぱり風俗しかないよなって(笑)

あれだけの巨乳、大満足ですよ…

「巨乳」と言ってもいろいろな巨乳があるということは分かっていますけど、この前の風俗嬢の巨乳は見事でしたね。大きさだけじゃなく、形、そして角度。さらには乳輪と乳首。これらのバランスが最高でした。あれは「美巨乳」と呼んだ方が良いかもしれません。大きいだけではなく、そこに美しさまであったんです。満足したのは言うまでもありません(笑)それに、風俗嬢だからこそその巨乳を惜しみなく自分のために使ってくれたのも良かったですよね(笑)ナンパとかだったら大きいって驚くだけで終わっていたかもしれません。でも彼女は風俗嬢。こちらに尽くしてくれる側だったのでその巨乳を武器にこちらのために頑張ってくれました。挟み方もさすがに慣れているのか上手でしたし、挟むだけじゃなく、その際の圧力のかけ方とか挟む角度なども上手でしたね。大きさだけに頼るのではなく、その大きさで何をするのか。そこまで考えている「巨乳テクニシャン」でした。