ノーパンで風俗に臨む

その正体にようやく気付けました

評判の良い風俗嬢を指名しても普通だなって時もあれば、そこまで評判が良い分けではない風俗嬢と物凄く盛り上がったり。風俗はどんな展開になるのか読めないのもまた、魅力だとは思うんですけどようやくちょっとした法則に気付けました(笑)気付いてしまえば簡単な話で、何でこれまで気付かなかったんだろうって思うレベルのシンプルな話なんですけど、相手じゃないんですよね。快感の正体、満足の正体。それは女の子じゃなくて自分なんですよ。自分がどんな気持ちで相手と向き合うのかこそ、とても重要なことだなって気付いたんです。やる気になるような相手を選ぶことも大切だとは思うんですけど、ただ相手にこだわるよりも自分の気持ちにこだわった方が良いんじゃないのかなって思うようになってきたんです。それは決して強がりとじゃなく、ましてや適当に言っている訳でもないんです。気持ちを込めて女の子と向き合うと、やっぱり楽しいなって思えるものなんですよね。

だからこそ、フリーも面白いんです

指名するのが当然。それが当たり前だって考えもありましたけど、最近の風俗ではフリーで遊ぶことも増えていますね。フリーもそれはそれで楽しいというか、むしろ誰がやってくるのか、目の前に誰が現れるのか分からないという点ではむしろフリーこそ男の願望に応えてくれているんじゃないのかなって。誰が来るのか分からないというスリルは、試してみると分かるんですけどやっぱりかなりスリリングなんですよ。だからこそ、プレイそのものだけじゃなく、合流の段階まででも興奮しますよね。お店の扉を開けて誰が待っているのか、ホテルにどんな風俗嬢がやってくるのか…指名であれば自分で決める以上、その点は別に考えるようなことじゃないんです。でもフリーだとその点まで考えて楽しめるじゃないですか。だから風俗ではフリーもそれはそれで悪くはないというよりも、むしろ男の欲求をより刺激的に満たしてくれるものなんじゃないのかなって思うようになったんです。