ノーパンで風俗に臨む

順番があるなら予約という考え

風俗は出来る限り予約して楽しみたいって思っているのは、普通に遊ぶ方が性に合っているとは思うんですけど予約しておかないといつ呼ばれるのか分からないので、待合室にいるのに風俗のモチベーションが低下してしまう恐れがあるじゃないですか(笑)待合室で待たされるのは嫌とは言いませんけど、ただ予約していないと当然ですが予約を優先することになりますので、いつ呼ばれるのか分からない時間の中で待たされることになるんです。そうするとやっぱり気持ちが変化するというか、「もういいや」「まだかな」みたいな気持ちに合ってしまうのは仕方ないんじゃないのかなって思うんですよね。だったら自分も予約すれば良いってだけの話だと思いますので、風俗で遊ぶ時には予約するよう心掛けています。ちょっとしたことですけど、予約を心掛けるだけでも実際の所、相当違うというかストレスフリーで楽しむことが出来ますので、出来るのであれば予約すべきかなって。

声。これも大切ですよ

相手がどんな声なのかもまた、風俗ではとても大切ですけど、それは喋り声じゃないんです。どんな喘ぎ声になるのかということですね。しかも声ってどんな声なのかよく分からないじゃないですか。ホームページを見ているだけでは分からないし、更には実際に喋ってみる声と喘ぎ声って違うものじゃないですか。そこをイメージするのが楽しいって人もいるかもしれませんが、そえrは言い換えれば男にとって、女の子の喘ぎ声がどのようなものなのかがそれだけ大切なものだってことですね。自分が印象に残っているのはPという風俗店に居たEちゃんです。彼女の喘ぎ声がとっても良かったのと、喘ぎ声と彼女のルックスのギャップが良い意味で良かったところです。普通にしていると彼女は綺麗系の女の子なんですけど、喘ぎ声がとっても甘いんです。あの喘ぎ声を聞いた時、彼女にして良かったとかじゃなく、理性そのものがすべて吹っ飛んだような気がするんですよね(笑)