ノーパンで風俗に臨む

むしろデリヘルにこそハマっていった

自分自身、結構天邪鬼だなと言うことは分かっていますので、世の中の流行には全然興味がないんですよ。世間で流行っているって思ったら「もういいや」って気持ちになってしまうんですけど、風俗だけは流行に乗ってかっています(笑)風俗だけはデリヘルがいいなって。これはもう流行とかじゃないんです。単純に使い勝手が良いし遊べば満足出来るので、流行とか関係ありません。むしろこれだけ質が良くて気軽に遊べるジャンルなら人気が出るのは当たり前だよなって気持ちがありますよね(笑)これだけ人気があるなら、むしろ多くの利用者がいるのは当たり前だろうと。だからデリヘルに関しては流行ではあっても、そこはもう関係ないかなって思うようにしていますし、良いものは良い…と思って遊んでいます。かといって、風俗以外に関してはやっぱり「流行です」とか言われても素直に遊ぼうって気持ちにならないのは、それだけデリヘルが自分も魅力だと感じているからこそですかね。

確信したからこそ、指名したんです

ホームページを見ていると、ふと「この風俗嬢なら間違いないだろう」という確信を持つケースもありますよね。ピンときたというか、何かしらの予感のようなものがあるんですよ。そう感じた風俗嬢は躊躇なく指名するようにしています。おそらくこれぞ男の第六感と言うものなんじゃないですかね(笑)第六感といえば「女の第六感」といったように、女だけが持っているもののように思うかもしれませんが、男だって持っているんです。風俗の時にしかその感覚を味わえないのが何とも言えない部分ではありますけど、個人的にはその予感があった風俗嬢との時間は常に楽しい時間になっているんですよね。だからこそ、その予感は常に自分でも大切にしなければならないなって思っているんですよ。何かしら心に引っ掛かるというか、「彼女なら楽しめる」という予感があるってことだと思いますし、風俗は自分の本能を満たすものだと思いますので、理屈じゃなく、フィーリングも大切です。