ノーパンで風俗に臨む

大人しいデリヘル嬢とドキドキモノの…

あれだけ大人しいデリヘル嬢だと、もはや自分が風俗で遊んでいるのかナンパした相手と遊んでいるのか分からないような気持ちになりますね(笑)それくらいドキドキしたってことです。風俗だと相手の女の子が気を使ってくれるじゃないですか。いわば相手の女の子がおもてなしをしてくれる側と言うこともあって、どんなシチュエーションであれ「サービスで遊んでいる」という気持ちが損なわれることはないんですけど、彼女との時間は彼女が人見知りでさらには大人しいのもあって、どのようなシチュエーションなのか自分でさえも忘れてしまうかのような時間を満喫することが出来たんですよ。あの刺激は、デリヘルというプライベート感の強い風俗だったからだけではなく、彼女の存在がとても大きいです。大人しい雰囲気の女の子だったので、恋人とホテルに来たかのような気持ちというんですかね。あのドキドキは、ここ最近の風俗ではあまり味わったことが無かっただけに、相当刺激的でした。

風俗も時には大胆に攻めます

時には風俗でも大胆に行きます。女の子相手に攻めるということじゃなく、自分の理想とか好きなタイプじゃない女の子を指名するんですよ。自分の理想の風俗嬢を攻めれば楽しいのは間違いないんです。これはもう言うまでもないんです。ただ、そればかりを続けているとワンパターンになるのも一つの事実ではあるんですよね。それよりも自分があまり好みではない…というとおかしな言い方ですけど、いろんなタイプの風俗嬢と遊んでみることで新しい何かに気付くことがあるかもしれませんし、ふとなるほどなと思わされることもあるかもしれないんです。だから風俗ってあまり好みばかりに固執するのではなく、時にはいつもの自分の選択肢とは違った大胆な選択肢も楽しめるんじゃないのかなって思いますよ。むしろそれがなかなか面白かったりしますので、風俗で遊ぶ時には「自分の好み」という思いでワンパターンにならないよう、自分なりに工夫して楽しんでいるんですよ(笑)