ノーパンで風俗に臨む

時間と共にのめり込んだんです

時間と共にのめり込んだこの前の風俗は、ある意味では理想そのものだったのかもしれません。初対面だったのもありますので、当初は本当に当たり障りのない会話から始まりつつも、次第に打ち解けていって。それが自然な雰囲気だったので楽しかったと言うのはあります。さらにはそこから自分が主導権を持って彼女を攻めました。風俗では自分が攻める方が好きなので、その日も彼女を攻めたんですけど彼女は感じ方がリアルなんです。素晴らしいスタイルを持っているのはすぐに分かりましたけど、そのスタイルを堪能しつつ思う存分彼女を攻めました。そして彼女も時間と共にどんどん大胆になっていってくれて。それが良かったんです。彼女の心の扉を開いているような気持ちになるじゃないですか。心の扉とともに、股まで開いてくれる…そんな時間が自分の理想と言っても過言ではないだけに、とても楽しい時間になりましたし、男としての充実感も半端ないものになりましたね。

刺激を求める自分にマッチしている

風俗では刺激をと考えている自分が一番マッチしているなって思うのがピンサロなんですよ。意外だと思う人もいるかもしれませんけど、実はピンサロ、大好きなんです。おそらく単純に遊んだ回数だけで言えば他のどの風俗よりも多いんじゃないのかなって思いますよ。値段が安いから利用しやすいということを差し引いたとしても、ピンサロには大きな魅力が隠されているような気がするんですよね。例えばですけど、ピンサロって個室でのプレイではないんですよ。シートというかフロアというか、お店によって微妙に違うんですけど、「個室ではない」という点だけは共通なんですよね。それだけに、個室の風俗では味わえない感動や刺激が待っているんですよ。単純に他の人に見られるのではないかとか、逆に見えちゃったり。凝視するつもりはなくとも見えちゃうってケースもあるんですけど、他人のそういったプレイが見えてしまうってことも他の風俗では考えられないですよね(笑)